FC2ブログ

北見支部大会決勝戦試合報告

女満別高校野球部部長の林先生から、北見支部Cブロック代表決定戦の試合報告が届きました


----------------------------------------------------------------------

北見支部Cブロック代表決定戦は、晴天に恵まれた熱い試合となりました!

 女満別高校が先攻で始まった試合は、序盤に大きく荒れました。初回、先頭打者の野宮悠詩(3年・レフト)がいきなり初球をレフト前に弾き返し、チームを活気づけました!その後、相手のミスが重なり先制。続くチャンスで今大会好調の7番中島佑輔(2年・ライト)がタイムリー三塁打を放ち、初回で4点が入りました。
 2回にもエース咲山三智也(3年・ピッチャー)のタイムリーヒットで追加点を取り、5-0となります。しかし相手も代表決定戦まで勝ち抜いてきただけあり、すぐさまエース咲山を攻めたて、3点を返してきます。
 3回には、今大会唯一の1年生ベンチ入り、鈴木達也(1年・ショート)の三塁線を抜くタイムリー二塁打があり、2点を奪います!しかしその裏、相手もクリーンナップから始まる好打順で、二者連続の二塁打で1点を返します。ここで女満別は早々とエース咲山に代え、山田昂典(2年・ピッチャー)を登板させます。ここで流れを変えたいところでしたが、代わった直後にライトスタンドへ入る2点本塁打を打たれ、7-6となります。

 試合は中盤。荒れた序盤とは打って変わって、女満別打線は沈黙し、チャンスで一本が出ません。一方、守りでも二番手山田が落ち着きを取り戻し、0点に抑えます。

 4回から毎回チャンスを作りながらも得点を奪えない、嫌な流れで迎えた7回裏の守り。1死から2本のヒットとエラーで同点にされると、尚もランナー三塁のピンチで、ピッチャー山田がまさかのワイルドピッチ。ついに逆転を許します。

 このまま負ければ夏の大会が終わってしまうという中、迎えた8回でした!1番野宮がヒットで出塁すると、2番の主将・小林港太(3年・セカンド)がきっちりと送りバントを決め、チャンスを作ります。そして4番の佐藤駿(3年・キャッチャー)が執念のレフト前ヒットを放ち同点!5番福士青(2年・ファースト)が四球でチャンスを広げると、6番多田真樹(2年・サード)が打席に。多田は準決勝前に体調崩し、万全な状態ではなかったのにもかかわらず、やってくれました!右中間にタイムリー三塁打を放ち、10-8と勝ち越します!!

 そして10-8のまま、迎えた最終回。ロングリリーフの山田が我慢の投球を続け、最後の打者を三振に切って取り、ゲームセット!北北海道大会出場を決めました!!

 
 試合終了後、ダッグアウトでは選手たちが泣きながら抱き合い、仲間と喜びを分かち合う姿がいつまでも見られました!これまでの努力がやっと報われたのだなと感じました。ただ、まだこれで満足はしておりません。甲子園を目指した戦いが旭川の地で始まります。北見支部の代表校として、敗退していったチームの想いを胸に戦ってまいります!

 引き続き応援よろしくお願いいたします。




勝った瞬間

表彰式

-----------------------------------------------------------------------
林先生ありがとうございました

プロフィール

女満別高校野球部後援会ブログ管理人

Author:女満別高校野球部後援会ブログ管理人
女満別高校野球部後援会公式ブログです。野球部スケジュールや活動報告、後援会情報を発信いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

QRコード

QR